地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、朝霞・志木・新座・和光の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

朝霞・志木・新座・和光の地域情報サイト「まいぷれ」朝霞・志木・新座・和光

Cute Movies

おみおくり

見送る人達と見送られる人との、心温まる愛と成長の物語

2018年3月24日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開<br>(c)2018「おみおくり」製作委員会
2018年3月24日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開
(c)2018「おみおくり」製作委員会
おみおくり

出演: 高島礼子 文音
渡部秀 風谷南友 芳賀優里亜 井上奈々
/藤田富 / 宮下順子 / 重盛さと美/加藤雅也(特別出演)

原案及び納棺師監修:
永井結子「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)

ストーリー

愛する人との悲しい過去を背負う女納棺師・満島弥生(高島礼子)。一方、子供の頃、
両親を交通事故で亡くした亜衣(文音)は、フラッシュバックする事故の悪夢に苦しめ
られていた。ある日、知人の葬儀の場で満島弥生に出会う。遺体を修復し、きちんと
お見送りができるようにしてあげる仕事をしている満島の姿が亜衣の脳裏に刻まれる。
そして亜衣は、自分にきちんと向き合うため、満島に弟子入りしようと決意する。
様々な「おみおくり」の現場に接しながら、亜衣は自分の心の闇から徐々に解き放たれてゆく。
やがて亜衣は、彼女を温かく見守る満島の悲しい過去の出来事を知ることに……。

記者の見どころ

アカデミー賞外国語映画賞受賞作品『おくりびと』から10年。震災や老老介護などによる7つの別れのエピソードから構成される本作『おみおくり』は、人の“死”に触れることで自身の過去と向き合っていく、女性納棺師を題材にした物語だ。

女性納棺師・満島弥生(高島礼子)と、その助手であり両親の死を未だに受け入れられない亜衣(文音)。ご遺体に死化粧を施し生前の姿を思い出させる姿に戻す“納棺師”という職業を通して触れた7つの別れのエピソードを経て、亜衣は自身の過去と向き合っていく。大切な人との別れとそこに確かにある愛が、ご遺体との対面により顕在化していく。

7つのエピソードそれぞれに、現代日本が抱える問題や苦しみが内包されている。どこかで親しい人物が同じような別れを経験しているかもしれない、もしかするとあなた自身が経験しているかもしれない、そんな別れのエピソードに、悲しみが自分の事のように溢れてくる。残された人々がご遺体へと、生前に故人へ伝えられなかった思いを絞り出すかのように語りかける言葉には涙腺が刺激された。

結婚式を控え急死した若い女性の役で、重盛さと美も出演している。見送る人と見送られる人、生前のこれまで人生と、本当は続くはずだったこれからの人生。7つの別れの中にきっとあなたもかつて経験した別れを思い出す、心温まる感動の物語だ。

Text by EISUKE