地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、朝霞・志木・新座・和光の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

朝霞・志木・新座・和光の地域情報サイト「まいぷれ」朝霞・志木・新座・和光

年末年始の海外旅行では感染症に注意しましょう

年末年始の海外旅行では感染症に注意しましょう 

年末年始には、多くの方が海外へ渡航されます。
海外滞在中に感染症にかからないよう、感染症に対する知識と予防方法を身につけ、感染症に注意しましょう。

海外での感染症予防のポイント

・感染症に対する正しい知識と予防に関する方法を身につけましょう。

・最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。

・日本では発生していない、動物や蚊・マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあります。

・麻しん(はしか)・風疹及びポリオは、日本では減少傾向または発生していませんが、海外では感染することがあり、注意が必要です。

旅行の前に

厚生労働省のホームページ検疫所のホームページ、外務省の海外安全ホームページで、渡航先の感染症の発生状況に関する最新の情報や注意事項を確認しましょう。

・海外渡航をする前に、これまで受けた予防接種について確認し、予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。

渡航中及び帰国後に体調が悪くなったら

・帰国時に発熱や咳、下痢、具合が悪いなど体調に不安がある場合や、動物に咬まれたり、蚊に刺されたなど健康上心配なことがありましたら、空港や港に設置されている検疫所にご相談ください。

・感染症の潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)は、数日から1週間以上あります。
  渡航中や帰国直後に症状がなくても、しばらくしてから具合が悪くなった場合は、すぐに医療機関を受診してください。 

海外の感染症に関する情報

年末年始における海外での感染症予防について(厚生労働省ホームページ)

報道発表資料

人気のキーワード