地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、朝霞・志木・新座・和光の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

朝霞・志木・新座・和光の地域情報サイト「まいぷれ」朝霞・志木・新座・和光

埼玉県秋のプラごみゼロウィーク

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月15日更新

埼玉県秋のプラごみゼロウィークを実施します

 今年7月にレジ袋が有料化されるなど、プラスチックごみへの社会的な関心が高まっています。
 また、コロナ禍で在宅時間が増加したことに伴い、食品容器包装などの家庭ごみが増加傾向にあります。

 そこで、県ではプラスチックごみの削減を促進するため、3R推進月間である10月を中心に、秋のプラごみゼロウィークを実施します。

期間

 令和2年9月12日(土曜日)から10月31日(土曜日)まで

 ※なお、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況等により、中止する場合があります。

内容

 〇プラスチックごみを出さないライフスタイルの実践

 〇東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたまちの環境美化

プラスチックごみを減らすためには

 「3R」でプラスチックごみを出さないライフスタイルを実践しましょう。

 〇Reduce(リデュース:発生抑制)
   後でごみになるものはもらわない!買わない!
   ・買い物にはマイバッグを持参しましょう。
   ・マイボトルを持参し、使い捨て容器の購入を控えましょう。
   ・使わずに済むときは、使い捨てのストローやスプーンなどはもらわないようにしましょう。

 〇Reuse(リユース:再使用)
   ごみになりにくい商品を選んで繰り返し使いましょう!
   ・詰め替え可能な商品を利用しましょう。
   ・使わなくなったおもちゃや服は、使ってくれる人に譲りましょう。

 〇Recycle(リサイクル:再生利用)
   ごみとして出すときは分別して捨てましょう!
   ・資源として生かせば、ごみの減量化になります。
   ・ペットボトルや資源プラスチックなど資源になるものは、適切に分別しましょう。

県の取組について(外部リンク)

 埼玉県 県政ニュース 「新しい生活様式」におけるプラごみゼロウィークについて