地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、朝霞・志木・新座・和光の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

朝霞・志木・新座・和光の地域情報サイト「まいぷれ」朝霞・志木・新座・和光

地域応援ぷらすクーポン取扱店に行ってみた! 【vol.17 東京演劇アンサンブル】

地域応援ぷらすクーポン取扱店に行ってみた! 【vol.17 東京演劇アンサンブル】

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月15日更新

地域応援ぷらすクーポン取扱店を訪問し、現在のお店の様子や新型コロナウイルス感染症対策などをお伝えします。

ぷらすクーポン取扱店の皆様へ:
本ホームページに掲載を希望される方は経済振興課までご連絡ください。後日取材に伺い、順次掲載させていただきます。取扱店(9月15日現在、336店)全ての取材は難しいため、ご要望に沿えない場合があります。
全クーポン取扱店の一覧はこちらをご覧ください。

第17回目は野火止地区にある「東京演劇アンサンブル」(劇団)に行ってきました

公演を控え、稽古をされている劇団員の皆さんの写真です。演劇の稽古をされている様子です。
(取材日当日は週末に控えた公演の稽古の真っ最中!熱の入ったお稽古を拝見させていただきました。)
※新座市内ほかの公演情報は本ページの下部にチラシを掲載しています。

外観・劇場(兼稽古場)内の様子

東京演劇アンサンブルの劇場外観の写真です。外観の壁に吊られた自動車のオブジェの写真です

1954年に創立し、60年以上の歴史を誇る劇団「東京演劇アンサンブル」さん。縁あって昨年の7月に新座市野火止にお引っ越しされ、元は食品工場だった倉庫を劇団員の皆さんの手で改装、「野火止RAUM」と命名した稽古場兼小劇場をオープンさせました。(「RAUM」はドイツ語で「空間」という意味だそうです。)

外壁に吊り下げられた自動車のオブジェがひと際目を引きます。気になっていた方も多いのではないでしょうか?

「新座にあたらしい文化の拠点を!」「これからはこの新座でがんばっていこうと思っております。」と劇場の紹介チラシにも謳われているとおり、取材に応じてくださった制作の小森明子さんもこの新座市で今後も活動していくことに対して、非常に前向きな姿勢でお話をしてくださいました。

稽古場で演技の稽古をしている様子です。演出を手掛ける三木元太さんの写真です。
(稽古場では演出・三木元太さんのリードの下で演技に緻密な修正が加えられ、完成に近づいている様子がうかがえました。)

通常であれば80人ほどを収容できる劇場を、日頃は稽古場としても使用しています。

この日は9月19日に初演を迎える「おじいちゃんの口笛」の稽古の真っ最中。本作の演出を手掛ける三木元太さんは、コロナ禍での演劇再開について、

「こういう状況だからこそ、この劇場での公演は意味がある。

多くの劇場がある都内に出向かなくても、地元で演劇という非日常を味わえるのは近隣の皆さんにとってもいいことだし、

我々劇団にとっても、少人数のお客さんの前で演じるという効果がどう出るのか、新たな発見につながると思っている。」

とお話ししてくださいました。

野火止RAUMは通常80人ほどの収容人数の劇場ですが、今回の公演では席数を40席に半減させて、劇場内の密を避けるとともに、開演前に換気を十分に行い、入場時の消毒、検温、お客様の観劇中のマスク着用の徹底など、コロナ対策は特に綿密に行うとのことでした。

また劇団員の皆さんも、今回の公演の稽古に入る前に全員のPCR検査を実施(結果、全員の陰性が確認されています。)、本番公演前にも再度PCR検査を実施し、お客様への感染のリスクを排除するように努めているとのことです。

コロナ禍でも「演劇を大いに楽しんでもらいたい」

演出の三木さんからは、

「コロナの影響で観劇しながら大声で笑ったりすることがはばかられるかもしれない。

ですが、拍手をしてくださったり、共感してくださっている雰囲気は客席から舞台の演者には伝わりますし、お客さんの表情は舞台上からでもよく見えるんです。

少しでも日頃の精神的なストレスから解放されて、お客さんには大いに演劇を楽しんでいただきたいと思っています。」

と、コロナ禍の状況を憂いながらも、観劇しに来てくださったお客さんと共に同じ時間を楽しみたいという思いが伝わってくるお話を伺うことができました。

演技の稽古をする劇団員の皆さんの様子です。
(何度も同じシーンを繰り返し、動きの意味まで確認しながら進める稽古はまさに真剣そのもの。本番の舞台が非常に楽しみです。)

公演のチケット購入にぷらすクーポンが使えます!

公演チラシの表面の画像です。公演チラシの裏面の写真です。
(公演チケットは野火止RAUMでも販売中。詳しくは東京演劇アンサンブルにお電話でお問合せください。)

東京演劇アンサンブルのこどもの劇場公演おじいちゃんの口笛」は、9月19日(土曜日)及び20日(日曜日)に野火止RAUMでの公演があります。

19日の公演のチケットは完売ですが、20日の公演のチケットは残りわずかですが残数がありますので、この機会にぜひご覧いただければと思います。

ケットの購入にはもちろん、地域応援ぷらすクーポンを使用することができます!!

(野火止RAUMでの公演後、9月23日(水曜日)から27日(日曜日)までの期間で池袋公演もあります。そちらもぜひチェックしてみてください。)

東京演劇アンサンブル の基本情報

所在地

新座市野火止3-16-24(劇場「野火止RAUM」所在地)

電話番号

048-423-2521

※「おじいちゃんの口笛」公演情報(日程、会場、チケット料金など)は直接お問い合わせください。東京演劇アンサンブルのホームページにも掲載がありますので、各検索サイトより「東京演劇アンサンブル」で検索してください。